1. HOME
  2. ブログ
  3. 【講習会レポート】新色スワロフスキー・クリスタルのシマーカラーイヤーアクセサリー

【講習会レポート】新色スワロフスキー・クリスタルのシマーカラーイヤーアクセサリー

2019年11月渋谷スクランブルスクエア店にて、「スワロフスキー・クリスタルのシマーエフェクト新色」を使った講習会を開催しました。講習会内容は、シマーエフェクトの煌めきが多面体で楽しめる#5328のソロバンビーズをたっぷり編みつけるイヤーアクセサリー。

この講習会では特別にスワロフスキー社から講師をお迎えして、シマーエフェクトや#5328の品番、2020/21年秋冬の新色などについてもお話しいただきました。

2018年春夏向けの商品として、2017年の2月に発売を開始したシマー(Shimmer)エフェクト。角度によって3層の違った表情を見せるため、今回のようにたくさん使用し、多方面から光を受けるデザインによく映えます。

当日選べるお色は、貴和製作所おすすめのシマーエフェクト「クリスタルシマー」「ローズピーチシマー」「ブラックダイヤシマー」「Lt.コロラドトパーズシマー」の4色。どの色も上品な煌めきが華やかな人気色です。

好きな色を選んだら、テグスとイヤー金具のシャワー台を用意して制作スタート!

直径約15mmのシャワー台に4mmのビーズをどんどん編み付けていきます。
編み付けのレシピ図が初めての方のために、大きな図と赤い紐でも、テグスを通す穴の順番を説明していました。

1粒1粒外側から編み付けていきます。キラキラ光るビーズが少しずつ並んでいく様子に、皆さんの表情は真剣そのもの!

透明なテグスをシャワー台の小さな穴に何度も通すのはなかなか至難の技。
「あまりきつく締め付けすぎるとビーズに傷がつきますので、力加減は緩すぎず適度にするのがポイントです」とのアドバイスがありました。わからないところは講師・貴和製作所のスタッフが丁寧にレクチャー。せっかくの機会なので、不安なところはどんどん質問してくださいね!

皆さん最初は苦戦していましたが、繰り返していくうちにだんだんと慣れた手つきに。
お友達同士で見比べながら作業する方もいらっしゃいました。

両耳分の編み付けが終わったらテグスを結んで仕上げ、シャワー土台をはめます。

シャワー土台の裏面に傷がつかないよう布をあてながら、平ヤットコで留めて完成です!

時間をかけて出来上がった作品に皆さんとても嬉しそうでした!
スマートフォンで撮影したり、早速耳に着けて鏡を覗き込むお客様も。「すごいキラキラ!」という声も聞こえましたよ。

「他の色でも作ろう」と早速パーツを購入して行かれる方も多数いらっしゃいました。

こちらの講習会は、同じく渋谷スクランブルスクエア店にて、12月10日(火)にも開催を予定しています。

また今回の講習会で作成した作品は、貴和製作所で公開・配布しているレシピNo.1841 スワロフスキー・クリスタルのビーズニットイヤーアクセサリー2種(KP346) のカラーをアレンジしたものです。

高級感のあるスワロフスキー・クリスタルをたっぷり使用した華やかなイヤーアクセサリーは、季節を選ばず使える優秀アイテム!ぜひ皆さんも作ってみてくださいね!